広告メディア・施設の複合的な活用イメージ|虎ノ門ヒルズフォーラム
EN

広告メディア・施設の
複合的な活用イメージ

Image Scene

虎ノ門エリアの複数の施設・チャネルを活用し、人々の記憶に残る立体的なイベントが可能。

「ブランドに対する認知を高めるために、イベント参加者だけではなく、通行する生活者にも幅広く印象づけられる多面的なブランドイベントを開催したい」「幅広いバックグラウンドを持ったVIPゲストを招くイベントとなるため、グローバルスタンダードかつ日本らしさの感じられるおもてなしを提供したい」。そういった複合的なニーズをお持ちのイベントオーナー様にこそ、虎ノ門ヒルズフォーラムは最適です。

floor map

STEP.1

プレスイベント
オーバル広場に、フォトジェニックなブースを設置

芝生の緑と心地よい風が感じられ、人々の寛ぎの場である「オーバル広場」。青空ヨガや野外シネマなどのイベントも開催され、平日・休日ともに、感度の高い虎ノ門ヒルズの来街者やワーカーが集う、都会のオアシスとなっています。
自然とアートが共存し、現代的なランドスケープが広がることが、「オーバル広場」の特徴です。この解放感あるスペースを利用し、フォトジェニックなブースを用意すれば、SNS上での拡散も期待できるでしょう。車両展示やキッチンカーを持ち込んだり、ステージを組んで開催する大型イベントにも適しています。

STEP.2

コミュニケーション
虎ノ門ヒルズカフェのトークイベントに誘導

虎ノ門ヒルズの玄関口に位置するカフェスペース「虎ノ門ヒルズカフェ」は、全面ガラス貼りの開放感と座席数40(広さ72㎡)のコンパクトさが特徴です。人数限定のトークイベントや、インフルエンサーを招いた商品発表会など、参加者との近い距離でのコミュニケーションを求めるシーンに最適です。
また、「虎ノ門ヒルズカフェ」はオーバル広場に面しているため、オーバル広場で商品を体験いただいた後、カフェでブランドの詳細な説明を行なうといった連動したスペース利用もオススメです。参加者へのスペシャルな演出として、新ブランドのロゴ入りスイーツとオリジナルカクテルを提供することができ、新ブランドの訴求力を高めるコミュニケーションを後押しします。

STEP.3

サイドイベント
新虎通りをジャックし新商品をPR

新橋と虎ノ門を繋ぎ、東京の新たなシンボルストリートとなった新虎通り。広い歩道を持つこの通りに面し、交流と賑わいの核として誕生した「新虎通りCORE」の1階には、本格グリルが楽しめるオープンキッチンと、発信力の高いイベントスペースが融合したカフェ・ダイニング「THE CORE KITCHEN/SPACE」があります。4.5mの高い天井を持つ開放的なスペースに、世界的に活躍する“HITOTZUKI”の巨大ミューラルアートがメイン壁面に施されたユニークな空間は、飲食機能を活用した「タイアップレストラン」の展開や、トークイベント、展示、ミニライブなど幅広い利用シーンに対応。
虎ノ門ヒルズから500m離れたこのクリエイティブスペースは、ブランドイベントを虎ノ門ヒルズで大々的に行なう際の、サイドイベント会場に適しています。2つの会場を繋ぐ新虎通り沿いにある屋外広告や店舗を巻き込むことで、虎ノ門エリア全体が盛り上がっているような演出も可能です。

地図

STEP.4

メディア
館内メディアをジャックし新商品をPR

虎ノ門ヒルズフォーラムには、デジタルサイネージや、ウインドウでのディスプレイ広告など、約25の館内メディアが館内の壁や柱に設置され、イベント開催のインパクトを強化・維持するために利用いただけます。
一元管理されたデジタルサイネージは、指定した時間に1台ずつデータが変わるように個別設定も可能。同じビジュアルを一斉に表示するだけではなく、新ブランドの多面的な要素をサイネージごとに表示することもでき、新ブランドのコミュニケーション戦略に合わせて柔軟に使い分けることができます。また、虎ノ門ヒルズの玄関口に位置する「虎ノ門ヒルズカフェ」のウインドウを全面使用したシート貼り広告は、イベント告知やカフェタイトルなどの演出に活用されています。

STEP.5

メインイベント
虎ノ門ヒルズフォーラムを全館貸切ってイベントを開催

無柱・分割可能な3つのホールとミーティングルームで構成される「虎ノ門ヒルズフォーラム」。虎ノ門・新橋エリア最大級のカンファレンス施設(収容人数2,000名)として、大規模なブランドイベント、国際会議・シンポジウムなど、グローバルスタンダードなイベントの開催に理想的な空間です。
大型スクリーンにデモンストレーションムービーを映せば、新ブランドの世界観を印象づけられるでしょう。また、例えば新ブランドの発表イベントをメインホールで行なった後、隣接したホールでのパーティーにシームレスに誘導することで、会場の熱気を冷ますことがありません。さらに、5Fフロアからは、オーバル広場と新虎通りでのイベントの様子を眺めることができ、まるで街全体でプレゼンテーションをしているようなダイナミックな演出を実現します。

施設の特徴

STEP.6

レセプションパーティ
イベント後は、アンダーズ 東京 でのVIP対応

「アンダーズ 東京」には宿泊以外にも、ダイニングやバー、イベントスペースが揃い、人数や目的に合わせて最適なおもてなし空間を選べます。ラグジュアリー ライフスタイルホテルならではの、VIPや顧客と上質でありながらリラックスした時間をお過ごしいただけるでしょう。虎ノ門ヒルズ館内のエレベーターからアクセス可能なため、会場移動のストレスがなくアフターパーティーに最適です。キーパーソンに新ブランドの魅力をじっくりと語りながら、東京タワーを一望できるオープンテラスでおもてなしといった、他にはないパーティーシーンをつくりあげます。

アンダーズ 東京 公式サイト